>
>
居宅介護支援室

 

居宅介護支援室

 

   

 

 

 

 居宅介護支援事業所は居宅において利用できるサービス(介護保険サービスだけでなく、介護保険対象外サービスも含む)などの紹介やサービスの調整、居宅支援サービス費にかかる費用の計算や請求などを要介護者の代わりに行う事業所のことです。

 要介護者の依頼を受けて、心身の状況、環境、要介護者や家族の希望等を考慮して介護支援計画(ケアプラン)を作成したり、その他の介護に関する専門的な相談に応じます。

介護保険制度は高齢者ができるだけ在宅で自立して暮らせるようにサポートするための制度です。介護支援専門員(ケアマネジャー)は常にご利用者の視点に立って居宅介護の支援を行っていきます。

 介護の相談、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

     介護保険サービスや介護予防サービスを利用するためには

   

安来市に申請して、「介護や支援(介護予防)が必要」と認定されることが必要です。これを「要介護認定」といいます。介護が必要になったら、まず介護認定の申請をしましょう。

 当支援室では介護保険の代行申請を行っています。認定後の介護度に応じた介護計画(ケアおプラン)を作成いたします。

(作成にかかわる料金負担はありません。)

                                                        

 

 

 

 支援サービス内容

1、介護に関わる相談、要介護認定申請代行手続き

2、ケアプラン(居宅サービス計画)の作成

3、介護サービスを提供する居宅サービス事業所及び、介護福祉施設との連絡調整

4、市町村、保険福祉サービス機関との連絡調整

5、居宅サービス利用時の苦情や疑問の受け付対応

 

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

 ケアマネジャー(介護支援専門員)は介護保険制度において、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職です。

 ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護支援サービスの全過程において、要介護者を養護し、要介護者自らの意思に基づき、自立した質の高い生活を送ることができるように支援する立場にあります。ケアマネージャーは要介護者が最も効果的に保健・医療・福祉等のサービスを利用できるように、努めます。

 

お問い合わせ

    電話:0854-22-5005   FAX:0854-22-2183

営業日

    月曜日~金曜日AM8:35~PM17:30

      (土曜・日曜・祝日・年末年始12/30~1/3)