>
検査科

   

検査科

検査室の紹介

当院の検査室では大きく分けて検体検査(血液一般検査、生化学検査、尿一般検査)と生理検査を行っています。

生化学の特殊項目(腫瘍マーカーなど)、及び細菌検査、病理検査は外部委託しています。

また、院内の健診だけでなくバスによる健診も行っています。

業務内容

 

検体検査
  • 生化学検査                                                                     生化学検査は血液中に含まれている様々な成分を分析し、病気を診断するうえで極めて重要です。肝臓や腎臓をはじめ、多くの臓器における異常の早期発見を導くといった、病気の治療や診断に欠かせない検査です。
  • 尿一般検査 

    尿・便検査では尿蛋白、尿潜血反応、尿糖、尿沈渣、尿比重、尿ウロビリノーゲン、便潜血反応などを診ます。血液によって運ばれてきた不用物や余分な水分は腎臓でろ過され、尿中に出されます。 体のどこかに異常があると不用物が排除されなかったり、排除されてはならないものが尿に混じってきたりします。 尿検査では、それぞれの項目ごとにそって、このような異常が細かく調べられます。

  • 血液一般検査

    血液検査では、赤血球(RBC)、血色素(Hb)、ヘマトクリット(Ht)、平均赤血球容積(MCV)、平均赤血球血色素量(MCH)、平均赤血球血色素濃度(MCHC)、白血球(WBC)、血液像(白血球の分類)、血小板(PLT)や、凝固、線溶に関する検査をします。

                                                                  

生理検査

 

  • 心電図検査                                                                                                                                             
心臓の筋肉が収縮したり拡張したりする際に生じる電気変化を記録するものです。心臓の病気の診断や治療に大切な検査です。

 

【安静心電図】
仰向けに寝た状態で両手足、および胸部6か所に電極をつけて記録します。
【負荷心電図】
運動時の心臓の機能を調べる検査です。
【ホルター心電図】

     24時間の心電図の変化を調べるもので、小さな心電図記録計を24時間身に付けたままふつうに     

     日常生活をして、1日の心電図を持続的に記録し解析します

 

  • 眼底検査                                                                    瞳孔の奥にある眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査です。                                  眼底は体のなかで唯一外から血管が観察できる部位です。血管の走行を見ることで、高血圧、糖尿病の血管への影響、動脈硬化の程度などを知ることができます。
  • 眼圧検査

    眼球内圧(眼圧)は房水という液体によって一定に保たれています。眼圧検査眼球の硬さを測定し、眼球内圧の変化を測定する検査です。当院では空気圧による眼圧計で測定しています。 圧搾空気を吹きつけて、角膜のへこみ具合によって眼圧を測定する方法です。患者さんの目に直接触れることはないので、麻酔などの必要がなく、30秒もあれば行なえる簡単な検査です。緑内障の診断に不可欠な検査です。

  • 24時間血圧                                                          日常生活下において24時間,血圧を定時的に測定する検査です。
    高血圧症であるかどうかが診断でき、血圧の一日の変動を見ることで昼間と夜間の血圧変動が保たれているかどうかが判定できます。また薬による血圧コントロールが良好か否かの判定にも使えます。
  •  簡易PSG検査                                                     睡眠の質や睡眠中の呼吸状態を評価する検査です。問診や身体所見から睡眠時無呼吸症候群が疑われる際に行い、睡眠中の無呼吸の回数・無呼吸に伴い体内の動脈血の中に、酸素がどの程度含まれているか(酸素飽和度)の変化を調べます。検査方法は、鼻に呼吸センサーを、指に体内の酸素濃度を調べるセンサーを取り付けて検査を行います。

                                                                  

皆様に信頼いただけるよう技術向上に努めるとともに、精度管理を日々実施し、検査測定 の維持と精度の向上に努めております。