>
看護部

看護部

看護理念

        『優しさと思いやりのある心』

 

 

          ☆ 新看護部長挨拶 ☆

 

 

 このたび、前任の広江幸子看護部長の後任として日立記念病院の看護部長に就任いた しました。鳥取大学医学部附属病院からの出向で看護部長という重要な職責を担うこととなり、非常に身の引き締まる思いでおります。    
私は、米子から通勤していますが、日立記念病院の周辺の環境をみますと、地域に根付いた医療施設として安来周辺で生活される方々にとっては非常にこころ強い存在であると同時に、治療や療養の場としてもふさわしい環境ではないかと感じております。また、ここ数日間働かせていただいている中で、職員の皆様が、看護部長として快く迎え入れてくださるとともに、様々なことを親切丁寧に教えていただいており、感謝の気持ちでいっぱいです。
 日立記念病院には、治療・看護・介護・リハビリ・看取り、そして健康づくりなど様々な役割が求められているのではないかと思います。この病院が社会に貢献できること、期待される役割をどのような形で発揮していくべきなのかをしっかり考え、新しい機能や体制を整えるため、看護部長としての職責を果たしていきたいと考えます。また、日立記念病院は、経験豊富なスタッフが多く、病院の強みであると考えます。いろいろな経験を積んだスタッフが、互いに支え合い協力しあうことでよい看護・介護に繋げていくことができるよう尽力してまいります。
日立記念病院が大切にしてきたことを尊重しつつ現在の医療情勢をふまえ、地域の人々が求める病院となるための人材育成やより質の高い看護・介護が提供できる体制が整備できるように努力してまいります。まだまだ未熟な管理者ですが、今後とも御支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

看護方針

    

  1. 診療と看護が継続できるよう他部署と協同し安心・信頼される看護を提供する。
  2. コスト意識を持ち備品・物品のチェックを実地し無駄な出費をしない。
  3. 互いに学ぶ・教える・教育的」風土を創りチーム力の強化に努める。

 

30年度看護目標

  1、入退院時の連携を密にし切れ目ない看護介護を提供する。

  2、診療報酬同時改定の理解を深めコスト意識をもつ。

  3、教育体制の見直しをし個々のレベルアップを支援する。

 

 

看護体制

 

  1. 看護方式   固定チームナーシング
  2. 勤務体制   2交代制と3交代制の混合

 

  当院は働きやすい職場環境を目指し、ワーク・ライフ・バランス推進ワークショップに参加

   しています。

   子育て中の方に働きやすい職場です。

 

先輩看護師からの声

 2階病棟勤務 看護師の声

  私は看護師6年目、当院で働き始めて2年目を迎えました。

 当院は2交代制を導入しており、以前よりも連休がとりやすくなり、

よりプライベートを充実させることができています。

 当院は20代から50代まで幅広い年代の看護師が働いており、先輩看護師

から『看護について』から『人生について』まで多くのことを教わることができます。

そして、出産・育児を経験した人生の先輩であり、出産・育児をしていくうえでも、

とても働きやすい環境が整っている病院だと思います。

 また総合病院とも違い、スタッフも多くないので、他の職種の方を含めて病院全体

スタッフのつながりが強く仲良く、良い雰囲気で働くことができます。

ぜひ、一緒に働きましょう!!