>
放射線科

放射線科

   当科では、外来や病棟から依頼されたX線撮影・透視撮影・CT撮影・歯科撮影の画像情報の提供を
行っています。院内だけでなく、検診車での胸部・胃部撮影を行なっており、臨床から検診までの業務を
放射線技師3人で担当しています。撮影された画像は放射線科専門医が読影し、各科への迅速な画像
レポートにより病気の早期発見・治療に貢献しています。

               
     放射線科 小谷和彦 医師                     放射線科一同

 放射線科で行っている検査
一般撮影

 X線を使用して胸部・腹部・

骨の撮影をしています。

画像情報をデジタル化してい

るため目的部位にあった画像

処理ができ、良質な画像を得

る事ができます

 
画像参照端末

 放射線科で行われる検査

全てデジタル化されており

療科にあるモニターで

観察しています。

他院への紹介には画像を

CDに保存してお渡ししてい

ます。

 
透視撮影
 

 フラットパネルシステム

搭載の透視台が入りました。

 歪みや感度ムラのない鮮明

画像が得られ精密な透視

査ができます。 胃透視

については認定技師の資格

をもった技師が在籍しており、

基準撮影に準じた撮影をして

います。

 

CT検査

 高性能の80列マルチスライスCTを導入しています。

 検査は短時間ながら広範囲の撮影が行なえるようになりまた。血管造影検査が充実し脳血管・腹部動脈及び血流検査等の全身の診断が可能です。心臓の冠動脈CT、石灰化スコアー大腸CT検査も実施しています。

  検査の詳細

 

 
骨密度検

 骨粗しょう症など骨の状態を見る検査です。

 当院では信頼性が高く世界中で活躍する米国ホロジック社製の最新の骨密度測定装置を導入しています。

 従来よりもかなり低い線量での撮影が可能になりました。

 

   検査の詳細

 
健診車
 

 健診スタッフと共に各事業所へ出向き、胸部や胃の撮影を行っています。

 胸部X線撮影は装置を更新しフラットパネルシステムを搭載しました。高画質で鮮明な画像を提供しています。

 

 

パノラマ撮影

  装置が顔の周りを回る事により、一度に上下全歯が撮影できます。

 
デンタル撮影

 歯の写真を撮影します。

見たい部分の歯をピンポイントで撮影します。

 
歯科画像デジタル化

 歯科撮影装置を一新しました。デジタル化により被ばく線量も従来の1/7になり、面も大きくより詳しくスピーディな診断が可能になりました.