>
>
当院の沿革

当院の沿革

 

創立 昭和20年6月、日立金属(株)安来工場の附属病院として「日立安来病院」を開設、企業のみならず広く一般に開放、地域医療への役割を果たしてきました。
移転 昭和54年8月、現在地に新築移転、施設口設備の整備を図ると共に、医療サービスの質的向上に努めています。
法人化 平成8年1月、医療法人を設立し「日立記念病院」と改称、地域の医療ニーズに応え信頼される病院を目指して新発足しました。
ケアミックス 平成10年4月より、3階病棟を「療養型病床群」に転換、慢性疾患に対応した療養環境を整備、急性期医療に対応する一般病棟と併せ、ケアミックス体制をとっています。平成16年5月をもって、病床区分を一般病床と療養病床にいたしました。
在宅医療 介護保険に対応した在宅ケアも当院の重要な任務と位置付け、退院後のフォロー体制としての訪問看護をはじめ、施設医療と在宅医療との連携を更に整備充実するよう努力しています。
増改修 今後の療養環境の改善と老朽化に伴いまして、本館の改修工事と新館病棟(2階建)の増築が平成17年3月に完成いたしました。